訪問読者人気閲覧ページランキング

ピアノ初心者

ピアノ初心者

ピアノ初心者

強弱記号で表現力を高めよう

ピアノ 表現

 

ピアノに限らず、なにかひとつの楽器を覚えるには多くの時間がかかります。
それでも、できることならば短期間で上手に弾けるようになりたいですよね。

 

たとえば、人前で演奏したとき、聞いた人はどんなところで感動するでしょうか?
音楽の場合、細かいテクニックに感動する場面はあまり多くありません。
それよりも、曲のダイナミズムや雰囲気に感動を覚えることが多いのです。
つまり、「表現力」の部分ですね。

 

では、どうすればピアノの表現力が付くのか、紹介していきますね。

 

 

強弱記号

クラッシックの楽譜などを見ていると、「p」とか「mf」なんていう
アルファベットが出てきたりしますよね。
これは一体なんなのでしょうか?

 

ピアノを弾くときのテクニックのひとつに、感情表現があります。

 

ひとつの曲をずっと同じ調子で引き続けるよりも、
最初は弱く演奏し始めて、曲の盛り上がりに合わせて強く弾く。
そういったメリハリがあった方が、とても上手な演奏に聞こえます。

 

そういった、演奏の抑揚をあらわすのが『強弱記号』です。
良く使われるものを表にまとめてみましょう。

 

 

記号 読み方 意味
mp メゾピアノ やや弱く
p ピアノ 弱く
pp ピアニッシモ とても弱く
mf メゾフォルテ やや強く
f フォルテ 強く
ff フォルテッシモ とても強く

 


p
(ピアノ)が弱く、f(フォルテ)が強く
m(メゾ)が付いたら「やや」
ppffなど2つ繋がったら「とても」

 

と覚えておけば分かりやすいでしょう。

 

また、fff(フォルテッシシモ)やppp(ピアニッシッシモ)
なんて記号が出てくることもまれにあります。

 

数が多くなるほど、より大げさに表現する。
なんて覚えておけば良いでしょう。

 

 

さらに細かい強弱表現

強弱をあらわす記号は他にもあります。

 

感情表現は、ある一点で急に強くしたり、弱くしたりするだけではありません。
徐々に強くしていったり、弱くしていったり、一音だけを強調する。
なんて表現もありますよね?

 

そういったもう少し細かい感情をあらわす記号も、まとめてみましょう。

 

 

記号 読み方 意味
クレッシェンド 徐々に強く
デクレッシェンド 徐々に弱く
dim. ディミヌエンド 徐々に弱く
fp フォルテピアノ 強い音をだした直後に弱くなる
> アクセント その音を強くする
sf スフォルツァンド その音をとても強くする

 

 

クレッシェンドとデクレッシェンドは、
変化していく範囲に合わせて、長くなったり短くなったりします。

 

感情表現は、ピアノを上手に聴かせるためにとても重要なテクニックです。
どんなに速く弾いても、単調な演奏の連続では聴き手は飽きてしまいます。
簡単な曲でも、感情豊かに弾くことができればとても上手く聞こえます。

 

ピアノ 感情

 

指が速く動かせるようになったり、複雑な曲を覚えるには
どうしても多くの時間がかかります。

 

逆に、曲に感情を込めるだけならば、今すぐにでもできますよね。

 

ピアノを上手に弾けるようになるには、
感情表現、表現力を豊かにすることが大きな近道となるのです。


 

 

初心者向けピアノレッスンDVDランキング

ピアノ初心者

 

ピアノマニュアル

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

楽譜も読めない初心者がたった30日間であの名曲をスラスラ弾けた。基礎から学びたいあなたに送るピアノ初心者専門プログラム。

 
 

ピアノマニュアル

ピアノ教室 中村姉妹のピアノレッスンの特徴

テレビ東京「豪腕コーチング」でピアノ初心者をたった10日間でマスターさせ、No.1コーチとして勝利! 実績に裏打ちされたプロのピアノコーチングがあなたの自宅に届く!

 
 

ピアノマニュアル

□30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座。ランキング1位【ピアノ3弾セット】の簡易版。まずは1弾だけ試したい方はこちら。